大同環境エンジニアリング株式会社
サイトマップ
維持管理 補修改善更新工事 サポート対象システム 理念 会社概要 組織
「地球に頼られる存在でありたい」
 
灰溶融システム  
灰溶融システム  
ごみを燃やして残った灰の容量をさらに減らして、埋立処分場を延命化し、限られた用地を将来に渡って有効に使える様にします。また量を減らすだけでなく、都市ゴミの焼却炉から発生するダイオキシンを分解し、無害化します。最終的に残るものはリサイクル資源として活用可能です。
下水汚泥炭化処理システム  
下水汚泥炭化処理システム  
汚泥を無酸素あるいは低酸素状態で熱分解(炭化)することにより、炭素分を残留させ「炭素+無機質」という新しい組成を持つ炭化物を生成しました。
これは木炭や活性炭などとよく似た性質を持つことから、下水汚泥の新たな有効利用分野が広がるものと期待されます。